投稿

6月, 2010の投稿を表示しています

懐かしいこの頃

イメージ
先日、飯田ファイターズの同窓会を行ったことを書いたが、当時の写真をアップしてほしいとお願いしたら、杉山耕二君が杉山進君のお母さんが大切に保存してくれていたアルバムからスキャンしてくれた。
本当にありがとう。 どの写真をアップしようかと考えたが 女性人の許可を得てないので 今回は男だけ!
小学3年生この頃からサッカーを始めたと思う。まだ 飯田ファイターズは生まれていなかった。
小学5年生の頃 おそろいのウェアーで



東京ヴェルディ

誰か分かる人いたら教えてください。東京vを自分の物にするには、いくら必要で、最低の運営費は、いくらなんでしょうか

世界の眼

今日の大事な一戦を世間はどう見ているのだろうか。
イタリアのスポーツ紙を見てほしい。(別に、読む必要はない。どうせイタリア語など読めないのだから。
しかし、10年イタリアにいると頭は使うようになる。)
ガゼッタ デル スポーツ紙である。これの日本の記事が書いてある右横の表(日本で言うトトカルチョ?)の倍率である。 今日の試合ウルグアイ対日本の倍率でる。 私は、1対5~6位がこのカードの倍率であると思っていた。それが、2対3である。これは、凄いことである。世界のみんなが日本代表を評価しているのである。 そして 記事を読んでみると 韓国と共に日本がベスト16に勝ち進んだのは、驚きだ。対パラグアイは難しい試合だろう。スターはいなくまとまったチームのウルグアイに対し、日本は、巧妙な戦術を擁している。 ほんの少しの差(競馬で言ったら、首一つ差で)で パラグアイが勝つであろう。というのが 掛率からの推測と書いてある。
世界も十分に認めている。それは、サッカー評論家ではなく、一般庶民もである。



どっちを選びますか?

数日前に、「グルジア共和国知ってますか」をアップして、その中で金利の高い事に驚き、100ユーロで銀行口座を作ったことを書きましたが、その後 いろいろ考えましたが、一つ失敗したことに気が付きました。
それは、現地通貨GELで預けた方が良かったのではないかということです。

あなただったらは、どうしますか?
100ユーロ持っています。
どこかの国の銀行に預けなければなりません。しかし、引きだす事が出来るのは、7年後です。
どうしますか?

過去10年を振り返って考えてみれば、問題なく、日本、ヨーロッパ、USAに預けますね。
特に我々は日本人ですので この三か国から選ぶとすれば日本を選ぶことになるでしょう。
何しろ、これら先進国が経済が低成長となっているといっても発展途上国の通貨なんて何時暴落するか信用できない。というのが通常の考えでしょう。

しかし、このまま行くのでしょうか。過去10年を脳裏から払い捨て、現時点から10年後の将来を考えてみてください。
先進国は、もはや「先進国」ではなく「先没国」とよばれるようになり、財政赤字で火の車、少子化で労働者不足、老人福祉、年金給付でどんどん財政赤字は大きくなっていくという、お先真っ暗な状況になっていくのではないのでしょか。
加えて、今後も、USAの国民のは、浪費癖は治らず、日本国民は、戦後の発展が今後も続いて行くものと思っているでしょう。そして ハゲ鷹ファンドが 弱くなった通貨に対し、徹底的に売り煽ってくることでしょうから、10年かからずに立場は逆転してしまうのではないでしょうか。

今から15年前には、日系ブラジル人を受け入れ、バブルを謳歌していたわが国も あと数年したら日系ブラジル人を頼りにブラジルに出稼ぎに行くということになりかねないと思っています。
その時には、「発展途上国」は、「発展途上」から途上という文字が無くなり「発展国」となっているのではないでしょうか
「先没国」と「発展国」のどちらに自分の大切な100ユーロを預けますか

時間軸で考えればいつになるか分かりませんが、確実にその変化は、始まっていると思います。
そう考えるとグルジアの銀行がつぶれるリスク、加えて現地通貨GELの暴落するリスク以上に、ユーロで預けたリスクの方が大きいのではと思ったのです。
まあ、円で預けなかった分は良かったのですが。
みなさん どうですか? ちょっと考え過ぎですかね!

リニューアル

7月1日で1年経過。デザインをリニューアルしました。 みなさん、1年間も読み続けてくれてありがとう。 この一年ブログを書くことを通じていろいろ考えましたし、次へのステップも思案中です。
それから yokoさん 膝の調子はいかがですか?初回から毎回のコメントありがとうございました。

グルジア共和国知ってますか

グルジア共和国には、もう10回以上来ているのだろう。最初に来たのは確か7年前だから、毎年2回位来ているからこれくらいだろう。(チームメイトには、グルジアに家族がいるのかと冗談を言われるくらいです)最初にこの国に来る時は、どこにある国かも知らず、外務省の情報である 「海外安全ホームページ」を調べたりもしたが、当時、大使館もなく、情報では「危険な国のグループ」に入っていました。(家庭を持つ身として変な所に行って死んじゃうわけにはいきませんから一応調べました) しかし、2009年1月に日本大使館も開館し、日本との関係も進んでいるようです。2008年には戦争もありましたが、今はとても街は平和です。
この数年でこの国は物凄く発展し、変化しています。首都であるtbilisiは、今やベンツ BMWがたくさん走っており、交通渋滞もかなりひどくなってきていますし、当初、街中を歩いている女性は、お世辞でも綺麗とは言えませんでしたが、ここ数年でよりファッショナブルになり、惚れ惚れするような女性も目に着くようになってきています。何しろ ロシア系とアジア系がミックスしていますから綺麗な人はもう凄い! 私は、ここにカラッゼ選手ホームページに連れられて来ているのですが、国を代表するスーパースターであるため、すべてが私達一般人とは別世界です。常にボディーガードが4~6人付き、ビジネスも積極的に行っており、昨年は、グルジアに銀行を開いたりもしました。サッカー選手でありながら、ビジネスマンでもあります。 一昨日、私もその銀行に行き、いろいろ見てきました。若くて才女といった感じの行員が、口座開設の説明してくれました。もちろん英語でです。 しかし、驚きましたが、利息が高いのですね。1年で9.5%です。私も将来、事業を始めて何で使うか分かりませんので口座を開くことにし、100ユーロを預けてきました。 ここグルジアもリーマンショック以降の経済はズタズタと言っていましたが、今後、面白くなっていく国の1つではと思っています。 何かビジネスしたい人は、力になれると思います。何しろ、彼の友人が、元内閣総理大臣とかの政治家、実業家がたくさんいますから。 私も何とか彼を使ってビジネスと思っていますが、金と知恵がありません。

がんばれ ユニクロ

990円ジーンズをあなたは知っていますか?ジーンズと言ったら年々高価になり、最近は、ある程度名の通ったブランドでは、1万円を下らない価格となっています。 私は、もともと脚は短く、そしてO脚なので縁のないズボンと思い学生時代からほとんど関心を持ちませんでした。まして もともとジーンズは、ワークウエアーであったことを考えるとあまりにも高価すぎると思っていました。 しかし、ユニクロブランド G,Uは、ジーンズを990円販売し始めました。当然、ユニクロ製ですから物は確かなはずと思い、早速 似合わなくてもこの価格ならと思い、ダメもとでインターネットで注文し、帰国時にこのジーンズを試しましたが、very goodでした。 ユニクロは、その他、下着の冬用ヒートテックの評判も良く(友人、家の奥様等身近において)、私は、夏用のシルキードライ下着を愛用していますがなかなかの物です。 以前、ロンドンに行った時には、このユニクロ店が、中心街にありましたし、今年は、モスクワ、上海にも出店しましたから、今年の冬頃から、そろそろユニクロフィ―バ―が始まるのではと勝手に思っています。
ちなみに私は、靴以外ほぼユニクロ、時々DOLCE&GABANA(ミランのスポンサー)です。 今後は、メガネの分野、メガネ市場でも買収して、眼鏡の分野にも進出してほしい思います。海外はメガネが高いですから。 日本代表は、ADIDASとサプライ スポンサーとして契約していますが、次回は、ユニクロはダメでしょうか? 冬の試合では、ヒートテックを使い、夏は、シルキードライを使って世界に羽ばたくというのはいかがでしょか。まだ スポーツ界には、浸透していませんが、絶対にスポーツ用品として世界から注目を浴びる日がすぐ来ると思います。たぶん、柳井社長の事ですからもう計算済みでしょうけれど 日本代表のサッカーだけでなく、日本の企業もがんばれ!

ありがとう日本代表

すばらしい試合だった。日本の皆さんは、。今日はもう寝不足で仕事も手に付かないのでしょう。しかし、日本経済の低迷、政治のごたごた等に対して唯一、感動を与えてくれた日本代表に感謝します。ある研究報告で、ワールドカップ期間中の世界の経済損失を報告していますが、日本においては、国民に力と勇気を与えてくれた効果を考えれば、そんなことを考える価値がないことだと分かります。 先日のはやぶさ探査機の帰還といい、まだまだ 日本はやれると感じた人もあるではないでしょうか。 特に海外在住の人々には、ここ数日間は胸を張って出勤できることとなるでしょう。 特にイタリア(昨日、予選リーグ敗退)では、サッカーが日常の話題の中心となっていますので、ワールドカップ期間中は、ビジネスもスムースにいくのではと勝手に想像しています。(今、私は、グルジアにいてイタリアにいないことが残念です。)
ところで、本題に入りましょう。 代表の予選リーグを続けて観て感じることは、ディフェンスが、試合毎に素晴らしくなっていいます。これは、試合毎に成長していると言うべきなのかもしれませが、私から言わせれば、外人相手に慣れてきているといった方が正確かもしれません。 オフェンスのホンダ選手等、海外生活の経験者は、そのハードチェックには慣れているはずです。 しかし、ディフェンスの選手は、外人の攻撃に慣れていないのです。これが、試合毎に対外人における感覚を吸収しているので、すばらしいディフェンス軍に成長しているように思えるのでしょう。
サッカー先進国と言われる国々、例えば、私の身近なイタリアを例に上げてみましょう。 セリエA(日本のJリーグ)の選手は、世界中から集まっています。中でもFCインテルの先発メンバーにはイタリア人はいません。 ということは、国内リーグを通じて常に世界の強豪と試合ができるということであり、選手は、習うことなど考えす、慣れることで成長することになるのです。 私は、以前から、日本人は、世界に十分に通用すると思っています。外人の無い物を数多く持っているからです。しかし、今現在、日本のサッカーは、自分たちの無い物を探し求め、外人が持っていない、日本人(アジア人)しか持っていない物を伸ばそうとしていないのです。それどころか、見向きもしていないのではないでしょうか。 「習うより、慣れろ!」 子供の語学習得と同じです。 そこで 私の小さな、しか…

国歌斉唱

ワールドカップ第一戦に勝利した日本代表は大変素晴らしい試合をした。日本国民が勝ち取った勝点3である。久々に日本代表の試合を90分観たが、選手は集中力が途切れず、国民1億2千万が誇りに思えた試合であったと思う。そして第二戦のオランダに対しても良く戦ったと思う。あの失点は、残念であるが、それ以上に岡崎選手の最後のシュートが決まっていたら、1対1の引き分けで、岡田ジャパンの成果を国民に訴えることが出来たのだが、世の中そう思ったようにはいかないのだろう。ところで、私は、日本代表の仕事をした事がないが 選手達が最も日本国の代表であり、1億2千万人の代表だと感じる時が、試合開始前の国歌斉唱であると思う。各々の選手が心に何かを感じる時である。 先日の北朝鮮の選手は、この国歌斉唱の際に涙を流していた。どのような心境であったのだろうか。国歌斉唱の際の表情はその国々の選手よって様子はいろいろであるが、祖国に対しての感謝、そして誇り、両親への感謝等で胸が一杯になるのだろう。先日、あるコラムで小学校の卒業式で、国旗掲揚せず、国歌斉唱を強制させないということを知ったが、私には全く理解できない。こんなでは戦争するしない以前に日本人としてのアイデンティティーが無くなってしまう気がするが、皆さんは、いかがだろうか。世界は、資本主義世界である。食うか食われるかの厳しい世界である。海外に住んでみて自分が日本人であることを誇りに思うことは、重要だと思うし、それが支えになる。また、子供たちに日本という国を誇りに思うように育てることが、教育者の1つの仕事であると思うが、これって右寄りなのかな。 でもとっても重要だと思う。カメルーン戦での君が代

夏休み終わり

10日間の休暇もあっという間に過ぎてしまった。小学校時代のサッカー仲間との同窓会で始まり、鈴与ラブリーレディーズ時代の仲間、高校時代の仲間、清水エスパルス時代の仲間、鍼灸学校時代の仲間、そして 鍋島スポーツ整形勤務時の仲間等、毎晩毎晩飲んで過ごした。その疲れも何のそので、すぐに壁塗り、アルバイト、そして、日本人の友人を我家に呼んでバーベキューと意気込んだが、みんなが集まる前から飲み始め、途中から知らぬ間に寝室で寝てしまい、集まってくれた皆様に対して非常識な態度をとってしまった。ちょっと休憩しようと思ったが、4時間の休憩になってしまい、しかも熟睡になってしまった。皆さん御免なさい。これに懲りずに次回も来てください。ところで、今日から、グルジアである。今、ドイツのミュンヘンでのトランジットで時間があるのでPCをいじっているが、ミュンヘン空港は大変綺麗で近代的である。私は、どこの空港に行っても大抵トイレを使うが、日本の空港には、ウォシュレットがあり、幼児のためのシート(大人が用を足している時の子供のイス)があり、とても清潔感があるが、ここもまた、空間と近代的という点で成田空港以上である。日本人の私には、小便用の便器の位置が少し高いのでぎりぎりで用を足せるが、ちょっと小柄な人には難しいのではと余分な心配をしてしまう。ということは、成田空港に来る外人には、低過ぎて集中しないと的を外してしまう恐れがあるということになるのだろう。これまた 余分なことである。ということで 今週は、時間があると思うのでいろいろ書いていきたいと思う。

バカンス

現在、栄養補給中、10日程更新できません。

資産

今日で今シーズンは終了。ブログも7月1日からはじめて11ケ月でバカンスに入る。 どうやら中断せずに続けることが出来た。 ブログは、面倒だが、文章にすることで自分の中での考えを整理できるという長所がある。 もっと肩の力を抜いていけば良い物を皆様に伝えることが出来るのだろうが、それが出来ない。高校時代の同級生は、私の現代国語力を知っているから分かるだろうが、これが精一杯だ。 ただ みんなが経験できないことを経験しているので みんなが知らないことを遠藤タッチで綴ってきた。
10年ACミランというクラブで働いてみて、感じることは、本質的に清水エスパルスとは何も変わらないということだ。 以前、エスパルスのフロントで働いている時、海外に留学した指導者が海外ではこうだあーだと文句を言っていたが、所詮、留学というほんのちょっとの期間で、しかもお客様扱いされ、2、3年過ごした者にいろいろ言われて嫌な思いをしたことがある。 現在の私は、昔の考え方とあまり変わっていないと思っている。 ただ、真似をしないこと、つまり、海外のクラブがやっていることは、それなりの理由がある。だから 海外に行かなくても国内でもその理由を解決することを考え、実行することで良いはずだ。海外を参考にすることは良いことだが、結局、真似をし、最後に詰まってしまう。
先日、レアルマドリッドに行ったが、ここの競技場は、マドリッド市のど真ん中にある。8万人が収容できる。もちろんクラブの物である。また、練習場も郊外ではないと聞いた。これが、クラブの資産である。それなら銀行だって、この競技場を担保にすれば、いくらだって貸してくれるんではないかと思った。 私は、このクラブだけは絶対に真似してはいけないと思った。 あなたのクラブに、銀行はどのくらい貸してくれると思いますか。

ピッポ インザーギ 37歳 FW

イメージ
フィリッポ・インザーギ(Filippo Inzaghi, 1973年8月9日生)が契約を更新した。
この男、なかなかである。 縁起を担ぐ男、神経質な男、相手選手の心理を読める男、子供っぽい男、研究熱心な男である。 ある一部のファンから本当に運が良い選手だとか生まれ持った天性であるという人がいるが良く見るとそうでないことが分かる。 まず、世間でいう運が良いシーンを見てほしい。 champions league2007 final milan-liverpool
これをみると この大舞台でこのような得点は、運が良いとしか言いようがない。 しかし、次のこれを見てほしい。ミランダービーである。
Milan 3-1 Inter
そして
inzaghi collection 2分50秒のシーン
これら試合でも同様なゴールをしている。
これは、単なる運が良いだけでは無い。計算しているのである。 普段の生活でも彼は、自分の出た試合のビデオをかなり見て研究してる。 これが、フィジカルにだけ頼っている選手とはかなりの違いがある。
以前、治療室で同僚の選手たちが、ピッポを「偉大な幸運男」として話していた時、マルディーニが 最後に一言言ったのが印象的であった。 「運が良いだけで300ゴールはできるものじゃないぞ」 である。 周りは、一瞬シーンとなった。