投稿

2月, 2011の投稿を表示しています

霧               遠藤 友花那

もやもや
もやもや
君が歩いているうちに
君の後ろの車は消えてしまう。
もやもや
もやもや
全部真っ白になってしまう。

ぼくのせいだ
ごめんなさい
ごめんなさい
だけど後でいいことが起こる
パッーと明るくなるよ。
待っててね、
今から魔法をかけるから。


復活日本企業!

昨日、今日と練習が休みだった。といっても副業に休みは無いが、やはり気分的には少しリラックスできる。
そこで、溜まっている日経新聞(友人から頂いている)をできるだけ読もうと思い、いろんな記事を見ていた。インターネットが普及し、いつでも見たい物、調べたい物がすぐに分かる時代であるが、インターネットでは、自分の興味のある部分しか見ず、偏った見方しかできなくなってしまう。
新聞では、世間の関心がありそうな事についてすべてを載せているので全体を見ることが出来る。やはり、新聞は10分でも目を通した方が良いのだろう。
しかし、イタリアで日経新聞を買うと 4.20ユーロ(500円)だから簡単に買う訳にはいかない。

ところで、最近の新聞で感じたことは、日本企業の決算発表の殆どが大幅増益だったことだ。新聞だけを見ると世界情勢を考慮しなければ、日本企業のすさまじい回復と力強さが感じられる。
しかし、株価は、それには全く反応していない。確かに市場は半年先を示すというが、あまりにも反応していない感があるがどうだろうか。
それとも株式市場には世界的にお金は戻ってこないのだろうか。
バブル崩壊後、日本企業のぜい肉は完全にそり落とされたと思うし、また、中国をはじめとするアジア諸国での日本企業の活躍は、本物であると思うのだが実際にはどうなのだろうか。
私の副業での患者さんの1人に銀行の資金運用部門に勤めているおじさんがいるが、外人は、日本など全く関心が無いと言っている。日経平均が今に上がる上がると言って もう十数年が経ち、もう最近ではそれすらも言われなくなっている。
自動車業界の日本企業だけでなく、ダイキン工業、資生堂等、世界で活躍している企業も多くなったのにと思うがどうなのだろうか。

私は、イタリアに来て、イタリア人の働く意欲の無さにビックリし、日本人の勤勉さを高く評価し、バブル崩壊後、しばらくすれば、株価は、それなりに戻ると思っていたが、そうはいかなかった。
最近においての諸外国は、政治が、企業のために営業し、収益力を助けているのが一般的になっているが、日本もそうはしているのだろうが、そう簡単にできていない。
世界的な不景気な中でも お金は、いつも最適に運用される所へ流れていく。
どうにかして私の所に流れ来てほしいものだが、営業力がない私の所にはだめかな!

引退

先日、ロナルドが正式に引退した。
私が、ミランに来た時、彼はインテルでプレーしていたが、何しろ物すごい選手だった。
左右の膝蓋腱断裂という不運に遭いながらも、そのプレーはスーパースターとしての貫録があった。
2回目の膝蓋腱断裂の際には、私もチームに帯同していたのでその時のロッカールの様子を今でもよく覚えている。
また、以前にも書いたが、アンチェロッティ―監督との会話は、彼のユーモアあふれる人間性がでている。(どこに書いたか探してもでてこない)
今でも オランダのPSVアイントホーフェンのロッカールームへ通じる廊下の壁には、18歳でブラジルから移籍した時の彼の顔写真がまだあるのだろうか。あの間の抜けた写真を見てみんなで笑った事を憶えている。
彼は、ストライカ―としてのすべてを備えている。ゴール前の混戦でのゴール。ドリブル突破でのゴール。ロングシュートでのゴール。ヘディングでのゴール等、どこからでも いつでも得点できる。そうかと思えば、相手の逆をとったシュートもできるし、正確なフリーキックもできる。まさに理想的なストライカーだった。
毎日の練習中におけるミニゲームでの彼のディフェンス選手とのかけ引きは、見ていてとても楽しかった。
私生活でもいつもリラックスしていた。(リラックスし過ぎていたという人もいたが)
私は、2007年のトヨタカップ出場の際、彼が横浜のヨドバシカメラで最新の電化製品を買って来て子供のように喜んでいじっているのをみて、「こんな物はイタリアでも買えるのになぜわざわざここで買うのかい?」と聞くと 「だってイタリアで買ったら3割位高いんだぞ!」という答えが返って来た。年収が10数億円の人もこんなことを考えているのかと思ったので 記憶に残っていた。
とにかく 楽しい思い出が沢山あるが、これくらいにしておこう。
昨日は、イタリアSKYでロナルドの特集をやっていたが、改めて偉大さを感じた。ペレ、マラドーナと並ぶ選手と思っているのは私だけではないと思う。

無意識になった時

昨日、復帰したばかりの選手が再度、怪我をした。12月に大腿筋を負傷し、復帰したが、再度同所付近を痛め、最近、完全復帰したと思ったら、今度は、膝の靭帯を痛めた。
我々の世界では、ときどき耳にすることだが、当事者からしてみれば大きなショックであり、とても辛いことである。 自分が担当した選手が、無事に復帰し、試合を消化してくれるようになる(単に普段通りに戻る)事にホットするというのは、この種の職業に限らず、何かを通常に戻すという仕事をしている人々はだれもが感じることだろう。

ところで、なぜ、このようなことが起こってしまうのだろうか。
「自分なりに完璧にやったはずなのに」と思うのが当事者で、それを単に不運だったと言ってしまえば、それはそれで終わってしまう。また、その人の成長もそれで終わってしまう。やはり、そこには何かが不足していると考えなければならない。 リハビリもゆっくり、時間を掛ければ良いのかもしれないが、手取り1日約150万円(6億円の年収)の選手を何日も時間を掛けてのんびりとリハビリさせることは、逆に我々の能力を疑われてしまう事になる。しかし、早まって一歩間違えば、再発、悪化等で、リハビリも振り出しに戻ってしまい、下手をすると1シーズンを棒に振ってしまう破目になる。こうなると自分の契約自体も危うくなってしまう。

以前 大木君が、話してくれことでとても印象に残っていることがある。 ある歌手の卵が、コンテストの終了後、当日、帯同できなかった師匠にどうだったかと聞かれ、こう答えたそうである。
「いつも間違える苦手な箇所も無難に切り抜け、緊張もしないように努力したし、完璧に歌えました。」
この答えを聞いて師匠は、すぐに、またダメだったかと思ったそうである。
それは、苦手な個所を気にして 緊張せずに歌う事を考えていては、良い歌など歌えない。師匠の期待した答えは、「師匠ありがとう、気持ちよく歌えました」それだけを聞きたかったのである。
苦手な個所を意識して練習することは大切だが、本番は、それを気にしていては聞き手は、すぐに分かってしまうし、緊張している、していないを意識するようでは、心から歌っているとは言えない。
アイススケートの選手は、どうなのだろうか?ショートなどは、数分間の間に何を考えてやっているのだろうか。とても興味がある。きっと調子が良い時には、無意識なのではないだろうか。

誰が言ったかではなく、何を言ったか!

こちらイタリアでは、日本代表についての話題が増えている。理由は、ザッケローニ監督である。
アジア大会で優勝したのだから当たり前ではあるが、イタリア人が海外で活躍するとこんなに話題になるのかと思うほどである。

数ヶ月前に スポニチの記事で 岡田監督が、代表を指揮している時に感じたこととして、「監督就任当時、なんでオシム前監督と同じことを言っているのにオシム前監督の言う事は聞けて、私の言う事は聞けないのかと感じた」と言っていた。
しかし、これは、どこにでもあることで、サッカー界に限らないのである。
特に、日本人は、外国人に弱いいう特徴があるから、もし外人が何か言えば、「日本ではそうしないけれど、しょうがないからやってみるか」ということで、それに従う風習がある。(その人のポジション、地位も関係しているが、それが日本人の一般的な感覚だろう。)
私は、このようなこと(日本人の私が言うと耳を傾けないのが当たり前)を嫌というほど味わっているが、先日面白いことがあったので書きたいと思う。

昨シーズンより選手が、大腿の肉離れを数回再発させ、副会長は、かなり切れていた。そして、米国にすばらしい先生(医師)がいるという情報を得たので、早速、診てもらいに行って来いとのお達しが、チームドクターに来たのである。
そこで、選手、ドクター、フィジカルコーチの3人が、その先生をはるばる米国まで訪ねて行った。
そして、その結果がとても面白かったので 笑えた。
なんと!その選手曰く、「その先生は、遠藤と同じことを言っていた」というのである。しかも最後には、鍼まで打ったということだった。
概要は、その選手の大腿の肉離れの問題は、大腿部の問題ではなく、殿筋の問題であり、大腿の筋トレをいくらやっても治らないだろうし、また 再発するだろう。むしろ、殿筋と体幹を鍛えることの方が重要であり、そのためには、まず、全く機能していない殿筋を緩めることだといい、殿筋機能不全が原因だということだった。
そして、その先生は、大腿の肉離れを起こした部分のトレーニングメニューはおろか、大腿の筋トレメニューは全く無く、体幹、殿筋のトレーニングプログラムしか処方しなかった。

今回の診察から帰って来てから数日後に、鍼なぞに全く興味のないチームドクターがいきなり、私に対して、遠藤はどのように鍼を打つのか?と聞いて来たので 何かあったのか…