ページ

2011年10月26日水曜日

蛇の大群!

そろそろ 書かないと!と思っていましたが、なかなかゆっくりできませんでした。

ちょっと愉快な話があったので時間を作って書きます。

先日23日のLECCE戦は、アウェイで試合開始が12時30分という事で、通常の夜の試合開始(20時45分)に慣れている選手にとっては、ある意味で難しいコンディションで臨むことになったと思われます。

チームは、19日水曜日の夜、チャンピオンズリーグをホームで戦い、翌日20日木曜日は、11時から通常の活動をしました。
試合に出た選手は、回復のための運動(ストレッチング、マッサージ、治療)を行い、試合に関係無かった選手は、通常の練習を行いました。
次の試合まで、21日、22日の2日間しかありません。
首脳陣は、この2日間のスケジュールを朝9時集合、9時15分昼食、12時30分練習開始としました。したがって、選手は、朝7時30分には起床しなければならなくなった訳です。これが選手にとっては、私の想像以上に大変なようでした。我々と生活習慣が違い、選手達は、夜型人間なのです。
選手の中には、こんなの3日間もやったら、疲れるばかりで、慣れる前に疲れが溜まって、コンディションを崩してしまう。と小言を言う者もいました。
いずれにしても、監督が決めたことなのですからそれに従わねばなりません。

ところで、今回の遠征に私の親友のトレーナーのMOROSI君も帯同しました。
試合当日、我々は、朝7時30分からサプリメントの準備を始めたのですが、MOROSIは、開口一番、こう言いました。
「俺、昨晩、変な夢を見たんだよ。蛇がたくさん部屋に入って来てびっくりし、ドアを閉めても隙間からドンドン入って来るんだ。俺が、スコップで部屋から出しても出してもどんどん入って来るんだ。」
と言ったのです。

ここから、私とMOROSIの会話が始まりました。
私:「お前、すごい夢を見たな! 俺も女房もいつも見たい見たいと思っても見れない蛇の夢か!」
M:「どうして すごい夢なんだ。教えてくれ。」
私:「日本では、蛇がたくさん出てくる夢を見ると、近い将来、良いことがあるんだ。しかもお金のね。昔は、蛇の抜け殻を財布に入れておくと財布にお金がどんどん入ってくると言われていたんだ。」
M:「じゃ、俺は、どうすれば良いんだ」
私:「今すぐ、お前の頭に浮かぶ数字を俺に言だけでいいんだ!」
M:「ok! XXXXXXXXX 娘の誕生日は、エーと何日だから XXXXXXXX 」
私:「ダメだ! 思いついた番号をバンバン言え!考えたりするな!それが大切だ、インスピレーションだけだ!」
M:「OK  XXXXXXXX ところで、これを どうするんだ!」
私:「スーパーエナロット(数字合わせのくじ)を買うんだよ!」
M:「そうか でも どこで!」
私:「俺が、今、女房に電話して買って来てもらうから!」
M:「それは、良いアイデアだ!もし 当たったら いくらもらえるんだ?」
私:「確か先週の時点で30億円だったな!」
M;「じゃ 半分だから 15億円か! ウフフフフフウフ 」
私:「バカ者!何を言ってるんだ!お前は、案を出しただけだから 10%の3億円だ!今の世の中、そんなに甘くないんだぞ!発案は、金にはならないんだよ。その発案に対して、どのように、いつ投資するかが、とても大切なんだ。だから発案者のお前は、10%、投資者の俺は90%なんだ! 分かるだろう?」
M:「それはひどいよ。それで、お前の奥さんは、いくらでそのロットを買ったんだ?」
私:「1ユーロ(105円)だよ!」
M;「1ユーロ投資しただけで、27億円がお前で、俺は3億円かよ!せめて10億円にしてくれよ。」
私:「ダメだ。苦労して得てないお金なんて貰ったら、良い事など何もないから3億円で十分だ!しかし、お前の2人の娘はお前に似ないで とてもかわいいから5千万円づつプラスして、合計4億円あげることにするよ。」
M;「なんだか分からないな!!!!。 まあいいや、今日の試合勝てればそれで!」

これで その場の会話が終わり、
試合会場へ行って、MOROSIが、更衣室で、氷の入ったケースをひっくり返し、ロッカールームは水浸し、慌てていたMOROSIに対して、私が、一言。
「宝くじの当選が、近づいているぞ! 失敗(良くないこと)して どんどんロットくじへのエネルギーが溜まっていくんだ。ポジティブ思考だよ、ポジティブに行こう!MOROSI!」
彼は、なぜか納得したようだった。

試合の前半が終了(対戦したLECCEは、最下位に近いチームであったのに、前半を3対Oの完敗状態)し、再び我々の会話

私:「オー MOROSI! これで 90%の確率で ロットくじは、俺らのものだな! お前の幸運のエネルギーは、どんどん我々のために溜まっているぞ! 明日のスポーツ新聞の見出しは、ミラン まさかの完敗!と書かれるけれど、そのエネルギーは我々の懐へ溜まっていくんだ。我々はホコホコだ!」
M:「そうだな さすがにエンドーだ!思考がポジティブだ! でも 俺の10%は少ないと思わないか?」

試合終了! 
まさかの大逆転!前半3-0、後半3-4で大逆転勝利。しかもMOROSIが怪我の治療を一週間担当してきたボアテン選手が後半から出場し、3得点と離れ業を成し遂げた。

試合後の会話再開
私:「オーMOROSI! あのたくさんの蛇は、俺らのためじゃなくてボアテンのためにでてきたのかよ!」
M:「そうだったみたいだな。ボアテンに話して、ユニホームくらいはご褒美に貰うことにするよ! でも もし ロットくじが当たったら 10%は、少ないよ!」
私:「そうだな! それじゃ 俺と俺の女房とお前で3人で分けることにするか! それでいいか?8億円だぞ」
M:「それなら 良いや。」

ミラノに戻ってから帰宅した私にMOROSIからの電話!
M:「エンドー !今、即席宝くじを買ったら、20ユーロ買って 当ったよ。20ユーロ勝ったよ。俺は、生まれて初めて宝くじで当たったよ。これで30億円へのウォーミングアップは、完璧だな エンドー!」
私:「そうだな よしバッチリだ。ところで、お前がさっき当たった20ユーロの発案代の10%分を俺によこせよ! 」

結末

昨日、抽選がありましたが、結果は、一つの数字も当たっていませんでした。

もうこんな時間。こんなことしてられない。今から パルマと試合だ もう行かなくちゃ!


2011年10月3日月曜日

円高とソフトバンク

最近の世界経済は、冴えない。冴えない中で、10年以上も冴えてない日本経済の円が、世界の中でやたらと強くなっている。
ずっと復活できない国、いつも冴えない国である日本の通貨が、他国よりも強くなってしまっている。
本来、自国の通貨が強いという事は、良いことだと思うが、今回の円高はそうではないのだろうか。
また、サッカー界でそれを生かしているクラブはあるのだろうか?
来シーズンは、この円高を生かして大物外人選手、監督を獲得することができないのだろうか?
ちょっと期待しているが、サラリーマン社長には、できないことなのだろう。
そうなると 誰に期待すれば良いのだろうか?
孫正義氏に
「野球も良いけど、サッカーもよろしくね。あなたの街、福岡には、アビスパというJのクラブがありますよ。」
と誰かが言ってくれないだろうか。
今の円高ならどうにでもなりますよ。と言いたいところだけど。
それに、福岡は、中国地方からも、九州全土からもお客さんが来ますよ。
でもアビスパのスタジアムが小さすぎるからダメか!と思いきや!
孫さんの持つ「YAHOOドーム」は3万人収容できるはず!
ベッカム呼んで、ロナルジーニョ呼んで25億円。
毎試合3万人のチケット売上、コマーシャル、ホームの試合しか出場しないなどとすれば、金銭面での採算合わないかな?やっぱり、4万人の収容が必要なかな?
今日も、為替表を見て1ユーロが100円に限りなく近づいて来ているのを見て想像してみた。
だれかやってください。私が、お手伝いします。