ページ

2011年11月22日火曜日

長崎先生

昨日、療養していた選手が、20日ぶりに帰ってきました。循環器系のトラブルだったので、我々にとっての通常のリハビリとは、違った復帰活動の開始です。
この選手は、とても個性的な選手で、なぜか分からないのですが、私と相性が合う選手で、私が今まで担当していました。
しかし、今回は、運動器系の問題ではないので、私は、担当しないであろうと思っていましたし、厄介なことには首を突っ込まない主義の私ですから、知らん振りしていましたが、そうはいかず、私が担当しなくてはならなくなってしまいました。

恥ずかしいことですが、今まで、新聞でしかその選手の様態を知らなかったので、詳しく知る必要があり、チームドクターに聞いても、さっぱり分かりません。ただ、これとこれをやればいいと言われたことは、かろうじて分かりました。
しかし、日本語での診断名すら知らず、内容もどのようなものか、現在の状態も把握できていませんでした。
たぶん、詳しく状況を日本語で説明されても分からないでしょうから、イタリア語で説明されたら、まったく皆無だろうし、聞かない方が良いだろうと思っていました。それに、チームドクターが、私に任せるくらいだから、特別注意することはないのだろうと、容易に考えてもいました。
しかし、やはり基礎は知っていないと 選手から聞かれたら困ってしまうし、選手よりも、知識が無いのも問題です。
どうすれば、良いだろうかと思いつつ、インターネットで色々探し、一応、基礎の基礎は、把握でき、次に具体的な事について知りたいが、誰に相談するのがベストであろうかと日本でお世話になったドクターを思い浮かべました。

そこで、この人しかいないというドクターがいることを忘れていました。
私にとっては、フィジカルドクターとしての認識が強く、私の先生へのイメージが、フィジカルコンディションからしか想像できず、循環器の疾患からは、全く想像ができませんでした。
私のブログのヘッダーにも書いている「長崎理論」の提案者である長崎文彦先生でした。まさしく彼こそ、この道の超スペシャリストでした。早速、先生をインターネットで探し、先生もブログを書いていることが分かりました。
私は、フィジカルの知識のABCを先生から教わり、この理論が私のフィジカルについての土台となり、選手のコンディショニングはこの理論をベースに行っています。先生からの基礎が無かったら、私のフィジカルの認識は、世間一般の薄っぺらいものになっていたと思います。今でも薄っぺらいですが。
先生に巡り合えたことをとても感謝しています。
早々、先生にコンタクトをとり、選手の状態におけるイメージ、そして、今後のトレーニングの方向性へのイメージができました。
やはり、スペシャリストは、ド素人にもわかるように説明してくれるものだと感激しています。

長崎先生のブログ









2011年11月19日土曜日

当たり


蛇の大群の結果は、ハズレのようでしたが、他で当たっていますので報告します。
ミラノに来て12年が経ちますが、また、先日も当たりました。

初めて当たったのは、6年位前だと思います。いつものようにアルバイトに行く途中に信号待ちの後、発進した直後、何かがぶつかった音がし、後ろの車からアンちゃんがで出きて、サイドミラーがあなたの車に接触して、壊れてしまったというのです。
アルバイトとの時間もあり、警察を呼ぶのも面倒だし、示談で済まそうと思い、いくらで良いですか?と聞くと、500ユーロ、でも200ユーロで良いと言われ、値切って100ユーロで解決しました。これが最初の「当たり」屋との出会いでした。

その翌日、職場に行ってその話をしたら、同僚から 「お前はお金持ちだな!」「100ユーロも見知らぬ奴にあげるんだから」と言われ 初めて 私は、やられた!と分かりました。何か変な感じはしていましたが、やはり そうだったのかと、反省しました。
しかし、今でも思いますが、上手くバックミラーをぶつけるものだと感心しています。(ホントにぶつかったのか分かりませんが、何しろ大きな音がしました)

それから、2回目の当たりは、子連れのアンちゃんでした。私は、今回は、上手く誘導してこのアンちゃんから金を取れないかと思い、最初は下出に出て、調子に乗らせ、後半は警察に通報されたくなかった金寄こせ!という反撃に出ようという作戦を考えましたが、途中で「バカ野郎!」と言われ、つばを掛けられ、逃げられてしまいました。

そして、駐車違反の切符を貰った前日に、3回目の当たりに会いました。
今回は、女の子を連れたアンちゃんでした。会ってすぐにどのように攻めようかと思いましたが、時間が無かったので、「警察呼ぶぞ!」と言ったら、「OK 呼ぼうじゃないか」というので携帯電話をもって、警察に掛けるふりをしたところ、相手が、「交通渋滞になるから車を隅に寄せよう」と言うので、私が先導して車を隅に寄せようとしたら、彼は、逃げていってしまいました。
これで3回目の当たりは、終わりました。

ところで、なぜ、彼らは、私を狙ったのだろうか?
私の何か抜けたところが、彼らには分かるのだろうか?
お金は持ってそうにないことは、車を見ても、私を見ても分かるはずだし!やはり、ぬけた面して運転しているからかな!
次回に会ったら、どのように対応しようか。あまり怒らせると後が怖いしな????

ということで、宝くじの「当たり」ではなかったけど、これも1つの「当たり」として紹介しました。

2011年11月17日木曜日

やられた!

きょうは、アルバイトに行って、治療で60ユーロ貰ったが、駐車違反で80ユーロの罰金。
加えて交通渋滞で、行きに1時間、帰りに1時間!
やってられない気分。 家で ブログ書いていた方が よっぽど良かった!!!!!!!