ページ

2013年3月26日火曜日

第2回 海外トレーナー研修会 実施

第2回 海外トレーナー研修会を行います。



第1回海外トレーナー研修会が無事終了いたしました。
初日から、飛行機の遅れ等、雪に悩まされましたが、参加者、同僚の協力で何とか無事に終了することができました。
修正点は、次回開催までに直し、より充実させていきたいと思っています。
今回、何よりも良かったことは、単に講師の話を聞くというのではなく、「トレーナー活動」という共通のテーマで集まってくださった方々が、ACミランのスタッフと気軽に交流できたこと、我々ACミランのスタッフの考えていること、やっていることが、理解できたことだと思います。
また、参加者同士の交流も深まりました。私にとっては、新しい情熱を持った仲間ができたことは、とても有意義でした。関係したすべての方にとって大変良かったのではと思っております。

そこで、第2回海外トレーナー研修会(5月10日成田発、5月15日帰国の予定)を実施することにしました。
私の来年度の契約更新がされなければ、この先、実施できるかどうかわかりませんので、無理をしてでもこのシーズンにもう一度、実施したいと思っています。無事、契約更新されれば、9月か10月にも企画する予定ですが、どうなることでしょう。
また、同僚のフィジカルコーチの説明がかなり中身の濃いものをしゃべっていますし、トップチームが使うミーティングルームで説明したり、ミランラブの実施する部屋まで行ったりしましたので、上層部からクレームが付いたら、その後は、実施できなくなると思います。何しろここはイタリアですから先のことなど分かりません。

昨日、私から来年度の契約更新の話を始めたいと責任者に伝えましたので、近いうちに仕事の条件が提示されますので、今後のことは、もう少しすれば分かると思いますが。

次回の研修会に関心がある方は、直接、遠藤に問い合わせてください。
また、前回実施の際にミランラブについて興味を持った方からどこまで見せてもらえるのか?、そして説明してもらえるのか?という問い合わせがありましたが、今回は、私が知らない部分まで、説明し、見せてくれましたので、第一回の参加者はラッキーだったと思います。第2回もそのようにしたいものですがどうなるでしょうか!
結局、ビデオ撮影したものは、広報の責任者の許可が必要となり、あとで 問題を起こしたくないので参加者に提供することはあきらめました。


遠藤 友則 
問い合わせ先 tomendo0001&yahoo.co.jp(&を@変えて)




2013年3月23日土曜日

第1回海外トレーナー研修会 報告




バルサ戦の敗戦は、もしかしてこうなるかもしれないという予想が、ドンぴしゃりで当たってしまったようです。勝負の世界は、ドラマがありますね。

ミラノに戻って、すぐに私が企画した海外トレーナー講習会を3月15日から18日まで実施しました。
初日から、パリ経由の8人が、前々日の豪雪のためパリを出発することができず、翌日昼過ぎに到着というアクシデントに会い、初日予定していた練習、施設見学が流れてしまいそうになりましたが、同僚の協力でアレンジが上手くいき、結局、最終日に選手の練習こそ見れませんでしたが、その分、日常、ミランの選手が使うミーティングルームでミランラブの説明を聞き、その後は、練習場の施設で昼食、そして、ミランラブの施設の中まで入って、それぞれの項目の説明まで受けることができました。
当初の計画ではそこまでする予定ではなかったのですが、結果的には、通常では見れない、そして、聞けない話を聞くことができましたので 「災い転じて福となり。」となりました。

この時に撮ったビデオは、広報の責任者の許可を取って参加者に配ろうと思いましたが、ミランラブに関しては、どうも無理なようです。

それぞれの講師の資料提出が、遅かったため、キチンとした通訳ができませんでしたが、皆さんの協力で、その場その場で理解できない時には、質疑応答でその場をクリアーし、100%の大成功とはいきませんでしたが、それなりに有意義なものになったと私は、思っています。
次回は、今回の経験を生かして、より充実したものにしたいと思います。

また、参加者が、多彩で、大学院のスポーツ科学を専攻しているPT、PT、針灸師、アスティックトレーナー等で現場の者と研究者の横の繋がりも作ることができたことは、大変良かったと思います。

参加者の皆さん、ご協力ありがとうございました。

次回は、今回の研修会で感じたことを書きたいと思います。 また、その時の写真が届き次第、添付します。



2013年3月11日月曜日

大一番 その2

明日は、BARCELLONA 対 MILAN

今日は、カンプノースタディアムで練習。

チェコのテレビ局の解説で ヤンクロスキーが練習を見に来てくれた。

ブライダ部長と一緒に写真!


2013年3月7日木曜日

筋トレ



今日は、木曜日なのに ジェノバに来ている。
来週の火曜日にバルセロナ戦を控えているため、金曜日なのにリーグ戦が行われるからだ。

いつものように前泊で治療、遠藤チェックをしている時の選手の会話で興味ある話が持ち上がったので紹介する。

インテルでプレーした選手が、ミランには数人いるが、モウリーニョ監督の話で始まり、ベニーテス監督、そして、話は飛んで、ユーべ時代のラニエーリ監督の話が出てきた。

何が話題となったかと言うと、トレーニングでの筋トレについてである。
この3人の内の2人は、筋力トレーニングのために器具など使ったことがなかったと言っていた。
そして、その一人は、シーズンの初めは、イギリスから呼んできた女性のインストラクターにピラテスを毎日1時間も指導させたと言っていた。

そして、もう一人は、常にボールを使ってのトレーニングしかしなかったそうだ。
この二人の監督の時は、怪我人が少なかったらしい。(キチンと調べた訳でもないから分からないが)

世界で優秀な成績を残している監督たちの中には、ジムでのトレーニングを一切しないというポリシーで指導している者がいる事を皆さんも知っておくことは ある意味大切だとと思う。

そして、残りの一人は、筋トレばかりやって怪我人が多かったことも言っていたがどうかな?

皆さんは、どう思いますか?





2013年3月4日月曜日

嫌な予感

何十年もこんな仕事をしていると、先のことを察知するというか、匂いがするというか、違和感を感じる事がある。
選手の今のコンディションでこの練習をやったら 翌日、誰か怪我人が出るのではないか? といやな予感を感じることがある。
以前は、上司にも言わず、同僚のモロージに話して、その結果を二人で確認する。というパターンが良くあったが、今回は、それとなく上司に言ってみたが、相手にされないどころか、怪我人の治療をするのが、医療グループの仕事で、コンディションは、フィジカルグループの仕事だと、あっさり言われてしまった。
信用されていないから仕方がないが、見る人が見れば、分かるものだということだ。
選手の中にもそれを感じて、その練習をやらない者もいる。こいつは、賢い!

私には、4人の子供と美しい(美しかった?)奥さまがいるので、それ以上、出しゃばったことは、言わない方が身のためだと言うことなのだろう。

必要とされていない助言ほど迷惑なものはない。第一に 指揮系統が乱れてしまう。
なんてとこだろう。

明後日の練習、または、土曜の試合で、怪我人(筋肉系の問題)が出なければ、私の思いすごしということになるが、どうだろうか?

当らないことを祈るしかない。





2013年3月2日土曜日

10日ほど前から、画面右側に「気になる商品」と題して チューブの写真を添付しました。

何だと思いますか?

これは、GEL(でも液体)です。


実は、最近、チーム内の一部で、ある話題が盛り上がっています。



ACMILANでは、ホームでの試合の前日は、練習場に宿泊します。基本的に 午後3時半に練習を開始し、6時には、練習は終了し、20時に夕食となります。
したがって 夕方以降は、することがありませんので、理髪師を呼んで 思うがままのヘアースタイルにしてもらう選手が多いようです。

そんな中 ある選手が、髪の薄いことをこの理髪師に相談し、推薦されたのがこのGELです。
イタリア人は、日本人に比べて、若い人に髪が薄い人が多く、丸坊主にしている人を良く見かけます。

人によっては、その方が格好が良かったりします。


話を戻して、その選手は、このGELを続けて、大変満足していますが、周りの選手は、半信半疑!しかし、もう一人の選手も試みたところ、この選手も大変満足!

私も予防で試してみるため サイトを探し、本社を見つけましたが、こちらイタリアではの販売は、それぞれの理髪店でしかしておらず、お店で購入できません。そして、ロンドン、ニューヨークには、支店もあります。
これは、もしかして日本でビジネスになるかも知れないと思い、日本のサイトを調べたら、もうとっく販売されていました。
しかし、そんなに売れていないようです。
私は、24ユーロで購入していますので、かなりの量を購入しないとビジネスにはなりそうもありませんのであきらめました。

気になる方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

私のサイトから購入したら、私に153円の紹介料が入ります。そして その感想をお聞かせください。もし、評判が良いようでしたら、本格的に日本に売り込み!
トレーナーなんてやめて これで生きていける!!!!!

と 夢見ています。