投稿

12月, 2013の投稿を表示しています

いよいよ後半戦

イメージ
あっという間に過ぎたクリスマス休暇!

明日から後半戦のための練習が、始まります。

来年は、1月5日から第2回研修会がありますが、残りの半年間にもう第3回の実施も予定しております。
詳しくは、後日、連絡いたしますが、3月27,8日~4月1、2日で実施したいと考えております。

今日は、ミラノ最後となる年末なので、最後の年末大聖堂に3人で行ってきました。10数年ぶりでした。子供が小さい頃は、よく出かけたのですが、最近は、出かけなくなりました。







大聖堂が映っていませんでした。





変化して成長

最初にミラノに来た時の日本料理店(RISTORANTE GIAPPONESE)は4件ほどだった。

来伊後、数年である超高級日本料理店は潰れ、それから、2002年のワールドカップ後、急速にミラノに日本料理店が、オープンし始めた。 それまで4件程だったのが、一気に数十店になった。 そして、ここ最近、スーパーマーケットでも醤油、寿司が売られるようになった。
イタリアは、食事に対して(そのほかもそうだが)保守的な国だが、日本の料理の価値は、浸透し始めているようだ。(単にカロリーが低いから、ヘルシーな食事ということかもしれないが!) このサイト見ると、うーーーーんと うなずいてしまう。
http://www.zushi.eu/index.php

しかし、イタリア人からしてみれば、我々が学生時代に喫茶店で食べた「スパゲティーナポリタン」は、イタリア人からしたら、想像を絶する食べ物と思うだろうが、それを普通に食べていた。
こうなると お互い様だ。
こちらミラノに来て、カレーのレストランに行ったことがあるが、日本のココ一番のカレーの方が数段おいしく思うが、多分、いや絶対に、インド人からしてみれば、ココ一番のカレーが、カレーとは、思わないのだろう。 カレーを食べるために、インド料理店に行きたいとは、思わないが、日本に帰国した時には、必ず、ここ一番のカツカレーと餃子の王将には、立ち寄るようにしている。
サッカーの発祥は、イングランドだが、それぞれの地域で、その環境、国民性で、変化し、独自のサッカーを作り上げている。
ベースボールと野球が違うように、ぜひ、日本独自のサッカー、つまり蹴球を育てていってほしい。
もしかしたら、それができるのは、日本人監督ではなく、、知性と教養を持っている外人監督かもしれない。なぜなら、日本人のすばらしさ、欠点を彼らは、観察しているからだ。
それか、、長谷部、長友等の海外で活躍している現役が選手を終えて、日本に監督として帰って来た時が、日本が世界レベルの国になっているのだろう。

BUON NATALE!



蓄積

イメージ
先日、はるかブラジルからDIDA選手が練習場を訪ねてくれた。
引退した選手が、何かのついでに激励で来ることが多いが、彼の場合は、まだ、現役でわざわざ自分自身のために来たのだ。

訪問の理由は、ミランラブでの彼自身の身体の状態のチェックのためだ。
現在、彼は、41歳らしいが、まだ現役を続けると言っていたが、来シーズンのクラブは、見つかっていないようだ。

ミランラボラトリーには、彼の全盛の時の身体能力のデータの蓄積があるから、今、何が落ちていて、何が維持されているかが分かるのだろう。

データは企業秘密だから言えない(というより知らない!)が、本人も納得しているようだった。

10年分もの世界のスーパースターのデータがあるのは、ミランだけかもしれないな!



あなたはどうですか?

イメージ
今日は、今シーズンで最も重要な試合だ!あと数時間で始まる。
ところで、このコラムを見てください。

 私は、この13種の大半を食べているのに脳みその働きが今一歩の感がある。

皆さんはどう?
このクルミをクリックして!

帰国準備その2

イメージ
日本に帰ったら ワインの講釈の1つや2つは、垂れなければ、15年の滞在経験が泣くので、今になって勉強し始めた。

最初の10ぺージを読んでイタリアワインに興味をもったが、その先が進まない。結局 理論より 実践が大切ということで、今日も10ユーロ(1380円)もするワインを二人で講釈をたれながら飲み干した。


やはり、仕事と同じで、理論より実践重視が遠藤家のやり方のようだ。






飲み干した際のコルクの山!







どうなってるのかな!

自分の書いたブログに ある日突然、500人もの方が訪問してくれて 「何かあったな!」と思ったのですが、その理由が分かりませんでした。
娘の写真を載せたすぐあとでしたから、芸能界からスカウトがあるかと思ったりしましたが、そんなことは起こりそうもない写真でしたから不思議に思っていました。
(私の高校時代のサッカー部の先輩の娘さんが、長澤まさみさんですから、とっさにそんなことを思いましたが、レベルが違いますよね!)

そしたら、その翌日、高校時代の友人から「お前、どうするの?」という問い合わせが来て、その理由がすべて分かりました。

これでした!

本田「ミラン移籍」の決め手は凄腕日本人トレーナー
私は、ミラノの街で長友選手とは、カッサーノ選手を通じて1回しか会っていませんし、本田選手の試合も観たこともありませんし、話したこともありません。
確かにACミランで14年も働いていますから、いろんな大物選手を触ってきたことは確かですが、「凄椀日本人トレーナー」には、びっくりしました。
まあ 新聞の話題には、私は良い材料ですね。
これを書いた記者さんは、最近の私のブログを読んでいないようですね! 以前から読んでくださっている方は、もう知っている通り、来年は、契約更新しません。 それから、今シーズン最後には、ブラジルワールドカップ大会に他の国の代表に付いていく予定です。 日本代表とその国が戦ったら、面白いですね!
抽選会は、12月6日ですね。