ページ

2014年5月28日水曜日

第3日目

毎日が雨
こちらアムステルダムは、一日中しとしと雨。もちろん練習は、通常通り行われているが、ボールが走るが、それに伴うテクニックがしっかりしているので、見ていて楽しい。

昨日、午前午後、今日は、午前だけで、午後は、オランダのガーナ大使館へ訪問のため練習はなし。
多くの選手の身体を触り始めたが、みんな良い身体をしている。
こんな選手と日本人、アジア人が戦うには、まともには、戦えない気がする。アジア人、日本人の個性は何かを研究しないと勝てないな!
現在 26人の候補で、最終的には23人なるが、1人以外は、みな海外でプレーしているという。完全にヨーロッパのサッカーを熟知している。

FIFA世界ランキング ガーナ38位、日本47位。

2014年5月26日月曜日

第1日目

今日から ガーナ代表の合宿に参加した。
場所は、オランダのPAPENDALホテル。

初めて見た練習の印象は、パススピードの速いことに吃驚した。
選手は距離的にはほどんど動いていないが、瞬間的な動きの機敏さはビックリ。
素晴らしい理論の勉強するよりこの練習をみれば何がを感じると思った。

今日は疲れた。英語ができれば、すべてがクリアーなのだけど!
明日は午前、午後練習だ!

2014年5月22日木曜日

外国人労働者

以前のブログの勝手に発想優秀な遺伝子で書いたが、外国人の受け入れを提案していたがそう簡単でもないようです。

有本香さんの話を聞いてみて、フランスとかドイツの様になっても良いという覚悟が必要ですね。









2014年5月20日火曜日

契約更新

リーグ戦も終わり、ミランと契約して以来の散々たる成績だった。
今回の契約更新交渉は、言いたいことをすべて言った。(と言うよりも言葉ができるようなになったのかもしれない。)仕事での矛盾、評価方法等色々あった。
しかし、こちらヨーロッパでは、この矛盾の世界で当たり前にみんなが生きている。それは日本に住んだことがないからだ。
最近は、自分が正しいことをしているのか、間違っていることをしているのか判別ができなくなってきているように感じる。

イタリア人の友人からは、遠藤もNAPOLITANO(ナポリの人)になったと言う。これは、要領が良くなったと言うか、狡賢くなったということだ。

今シーズンで終って日本に本帰国するつもりでいたが、日本での働き先の都合で、来シーズンもう一年いることになった。
15年を振り返ると、もっとできたんじゃないか、もっと日本人としてのプライドを持って行動すべきではなかったかと思う。

明日は、新しくなったミランのオフィス「カーザ ミラン」に行って 契約更新のサインをしてくる。

海外で働いてみないと分からないことがたくさんあるが、それは、日本と言う国がとても素晴らしいという事だ。

海外から日本に働きに来た人々は、みんながみんな 「日本は素晴らしい」という。私はここミラノで生活するまでは、皆さんと一緒で、日本のすばらしさは、分からなかった。これは、当たり前だと思う。

ベンゲル監督の言葉が 心底 じーーーんと感じた。海外に住んでいる日本人は、これを見て心を打たれると思う。
皆さんも見てください。

私は、ベンゲル監督に初めて会ったのは、ロナルジーニョとシェフチェンコのチャリティーマッチがカンプノーで開かれたとき、彼が監督でシェーバに紹介してもらったときだった。、彼は、私に、「日本人のトレーナーなら しっかり仕事をするね」と言われたことを覚えている。






2014年5月17日土曜日

ワールドカップ

私にとってのワールドカップとの最初の出会いは、小学4年か5年の映画館だった。
サッカー少年団の先生の引率で、町の映画館で、1970年のメキシコ大会の総集編を観たことだった。
ブラジルの活躍、イングランドの活躍が今でも印象に残っている。

そして、次の思い出は、小学6年生の時、恩師の堀田先生が、1974年の西ドイツ大会の視察に行き、世界のサッカーという全く別の世界の話を聞いたことだった。

次が、2002年の日韓共催大会である。ミランで働き始めたが、まだ2ndチームで働いていたので、イタリア代表等、いくつかの国の代表の選手が気になったが、所詮、身近になった感じはなかった。

2006年ドイツ大会、シェフチェンコ率いるウクライナ代表に帯同し、世界のトップクラスのサッカーを身近に感じるようになった。

2010年アフリカ大会、幼いころから友人である大木武が、日本代表コーチとなり、もっと身近に感じるようになった。

そして、2014年のブラジル大会は、ムンターリのガーナ代表に同行することになり、今回の大会が一番充実するであろう。また、自分の経験が生きるだろうと思っている。

昨日は、コロンビアのキャプテンのヤぺスと今後の話をしたり、その前日、イタリア代表に友人が同行する等、W杯の話題が上がっている。

そして、ミランとの契約も更新することも決まった(まだサインはしてないけど)
これからあと1年を充実したものにしていきたい。








2014年5月8日木曜日

あと2試合

昨日、蕎麦屋の女将からブログが更新されていないが、どうなっているのか?というメールが届いた。もう3ヶ月も経ってしまった。

家族は、3月に本帰国し、6人で生活していた家で一人生活を始め、もう1ヶ月半が過ぎた。
家族が残した荷物の処理でアッという間に1ヶ月がすぎ、引越の準備で毎日が過ぎている。
来シーズンは、契約更新せず、帰国するつもりでいたが、帰国しても仕事先の診療所の体制が出来ていないためこちらに残ることにする。しかし、ミランと契約更新するよりも何か別の形で仕事をしようと無い知恵を絞っている。

クラブ側は、10%アップとカッコいいことを言っているが、税金でたくさん持って行かれるから、手取りでは、月に100ユーロしか上がらないことになる。だったら最後の年は、リスクはあっても選手と契約した方がよっぽどおもしろいかもと考えている。まあ 語学力では、契約交渉ができるようになっただけでも15年すんだ価値はあるのだろう。

ところで 5月25日から ガーナ代表の選手に帯同して ブラジルW杯に行くことになった。ガーナは英語圏だから、イタリア語は通じない!でも全く動じない自分がちょっとやばいんじゃないのかと思っている。
今から 『SPEAK IN ENGLISH』の練習でもしようかと思うが、思って終わってしまうのだろう。

ガーナ代表の様子をレポートします!