ページ

2015年10月14日水曜日

いろんな見方

1週間程前、このブログの閲覧者が急に増えたので、色々探したが、分からなかった。

ところが、日曜日に友人と話していると、本田選手のミラノでの発言の話が出てきて、「お前も同調しているけど、どうなの?」

という話で、謎が解けた。下記の記事を読んだ人が私のブログに来たのだ。

本田だけではない…元ミランの日本人トレーナーも懸念する伊サッカーの未来

私がこの取材を受けたのは、本田選手の発言の前出し、イタリアのメディカル、フィジカルは決して世界の最先端ではないこと。そして、ブラジルは、その街の大学と連携ができている点で、素晴らしいということは、喋った。
しかし、こんな形で記事になるとは、思わなかった。
取材後、載せる文章をチェックさせてくださいと言い、了承もしてくれたので それを待っていたが、結果としてこうなってしまった。

本田選手の発言に対して、避難する気もないが、同意する気もない。私は、今更、契約を終えてから、元所属先の悪口は、言いたくなし、契約中にそれなりに上司にも意見は言った。

私が言ったからといって、何かが変わったこともなかったし、変わりそうにもなかった。
あとは、自分でここに残るか、それとも去るかは、クラブ側も決めることができるが、私にも決定できるのだから、私は、家族が本帰国したから契約を更新しないと言って、上司であるドクターが嫌だから更新しないなどと言わなかった。

ただそれだけ。

本田選手の発言に私のコメントが加わえられているとは思わなかったのでびっくりした。