投稿

5月, 2016の投稿を表示しています

終了

イメージ
3月から再契約をミランとし、今シーズンが終了した。今日、帰国する。
一昨日のコッパイタリアの決勝は、負けたものの久しぶりにいい試合内容だったように思う。しかし、負けは負けである。

毎試合あれくらい走ることができれば、自分たちのサッカーもできるように思う。
特に、後半になってプレーが雑になったり、集中力がきれたりする等は、すべて持久力の開発がされていないからではないだろうか。
ホンダ選手があれだけ後半もプレーの精度が落ちないのは、なぜなのかミランのスタッフは考えるべきなのだが、どうもそうならない。

私の説得力がないのかもしれないが、フィジカルを専門とすればするスタッフほどパワーとかアジリティーとかしか考えていない。
サッカーのフィジカルは、エアロビックというベースが大切だと思うが。

最近は、GPS等を使って選手のコンディションを常に把握できる。しかし、ベースをきちんと捉えていなければ、砂上の楼閣である。

サッカーという競技を上達させるには、サッカー現場のスタッフとサッカーと全く関係ない何かのスペシャリストの調和が重要であり、科学的な根拠も中途半端なスタッフが発展を止めているのではないかと思う。

まあ 私がその中途半端の代表のようなものだけれど、今後は、現場のスタッフと研究者との間をうまくコーディネートしていく仕事をしたい。

次回は何を食べようか!

イメージ
今日は、一人で これをスーパーマーケットの中の食堂で食べました。

tagliata di manzo con patate 8.9ユーロ
水1リットルとたくさんのパン 1ユーロ
キアンティワイングラス    2ユーロ(ワインお変わりはしませんでした。)



日本では、1人の時は、ラーメン屋かココ一番のカレーを食べていましたが イタリアは1人でレストランは、ちょっと寂しい感じがして抵抗があったのですが、 スーパーマッケットTIGROSの中で一人はおかしくない感じです。ボリュームもあったし

シーズン終了まであと1試合

リーグ戦もあと1試合となったが、5月21日のコッパイタリアの決勝が残っている。
選手の多くは、これでシーズンを終了するが、代表選手は、ヨーロッパ選手権やコパアメリカに参加するので、もうバカンスというムードにはならない。
特にミランは、この決勝に勝つか負けるかでクラブの予算がだいぶ変わってくる。

昨日、選手にコパアメリカに一緒に来ないか!と誘われたが、ソフトに断った。
昔は、喜んで行っただろうが、もうそういう歳でもないのかもしれない。

第2回 研修会実施のお知らせ

イメージ
先日、実施した研修会をまた開くことになりました。
少数精鋭で行います。
よろしくお願いいたします。


何かを変える

イメージ
3月からミランと再契約し、15日間を日本、そして30日間をイタリアという生活が始まり、4月14日に日本に戻った時がミランの監督がクリスチャンに代わってすぐの時だった。

その後、日本で15日間を過ごし、また、ミラノに戻ってきたが、対FROSIONE戦の引分が痛く、チーム雰囲気は、想像をしていた通りだった。

最近の私の周辺は、一昨年とは打って変わって、変化の真最中。

鍋島整形、清水S-Pulse、ACミランそしてJEFユナイテッド。

この4つ組織への私の立場は、責任者としての立場から傍観者としての立場まで色々。

新しい事をやるということは、今までやってきた事を捨てることでもある。変えなければならないことが数多くあるが、残すべきこともある。

「何かを壊して、何を作るか?」という中には それに関係する推進派と反対派がいるのは当然だろう。

行き着くところは、結局、そこのトップの技量次第なのだろう。

自分の娘、息子と同じ世代の仲間と仕事をやっているという意識を持てば、解決しそうなことは、たくさんあると思うが、私と同世代、それ以上の世代とは、中々難しい。

昨日、監督のクリスチャンの足の治療をした時に、彼の理想監督像は、アンチェロッティ∸のような私には感じた。

クリスチャンは、選手時代からよく知っているだけに何か手伝いたい気持ちがあるが、何もできない。
私がやれることは、結局、選手をベストコンディションに仕上げることでしかない。

残り2試合、そしてコッパ イタリアの決勝がある。彼を男にしてやりたいが、まずは、マリオを仕上げなければならない。これがまたやっかいだ!