投稿

2017の投稿を表示しています

腐っても鯛と言うけれど

ミラン勝てないですね。エスパルスJ1残留良かったですね。

ガッツーゾが、監督に就任したセリエA 第1戦、ロスタイム残り1分で劇的なゴールを奪われ、最下位のチームに引き分け、このチームは、今シーズン初めての勝ち点1をゲット、しかも、その同点ゴールを決めたのが、最後直前のフリーキックからゴールキーパーのヘディングシュート!
さすが ガッツーゾって感じですね。

ACMILAN VS  VENEVENTO (youtube、時間が無い方は 最後7分前後からだけでも観てください)

まあ、映画を見ているような試合でした。これがガッツーゾらしいのかもしれない。しかし、Susoが練習は、とても良い感じでやっていると言っているから 結果を待つしかないのでしょう。

ところで、この試合でSuso選手は、ふくらはぎに打撲をし、翌日に私が触った時には、固く、少し熱感があった。どんな処置をしたのか聞いたが、ICINGして固定をしたというのだ。翌日には、レーザー、超音波、水浴等をしたという。教科書通りだ!

昨年までは、このような時は、EMS(コンペックス)を用いて、なるべく筋が固まらないように心掛け、そこそこ満足のいく結果がでていたが、責任者のドクターが代わり、トレーナーが代わったことで今までの対処法は、使われなくなってしまった。3日あればどうにかなるような打撲が良くならないのだ。

週2試合のスケジュールのクラブにおいては、復帰のために1日余分にかかるかそうでないかはとても重要になってくる。
2003年から同僚と試行錯誤した治療法が、今はもう施されていないのが、もったいないというか寂しく感じる。

次の対戦相手は、ボローニャだが、そこに今年から所属しているパラッシオ(元インテル)という選手を友人の紹介で週に数回、治療しているが、彼が、勝てないミランに対して「何を言ってもミランは、ミランだからね」という伝統クラブに対しての敬意を示していたが、そんな伝統あるクラブが、オーナーが代わり、すべてが変わってしまっている。

伝統とは何なのか? 築くのは大変だけれども崩すことは簡単なのかもしれない。

清水エスパルスもオリジナル10というJリーグの中では、歴史を持つクラブだけれど、医療システムは昔より良くなっているとは言えないようだ。
伝統と継承、そして発展は、簡単ではないのだろう。

「腐っても鯛」と言われてい…

ミランVSユーベ

イメージ
8月から ミランの選手であるスーゾと個人的に契約し、 3か月が過ぎた。
今日は、ミランにとっても彼自身にとっても重要な試合である。
彼の体調は100%ではないけれど、 頑張ってほしい。なぜ100%でないかというと 以前からの持病であるグロインペインである。悪化はしてはいないものの気になるようだ。
もうちょっとグロインペインの勉強をしないといけないと思い、勉強を始めようと思った。
彼にとって週2試合というのは、簡単ではない。習慣になっていないからだ。そう考えると、ミランが強いときのカカとか カフーは、本当にタフだったと今更ながら思う。

試合は、今から2時間後にキックオフされるが、インテルからボローニャに行った選手が肉離れをしたというので友人の紹介で治療に行った帰り道にサンシーロの前を通ってきたが、今日のサンシーロは、満杯のようだ。

試合の日に出版されるフリーの新聞を手に取ってみたら、スーゾが一面に載っていた。

私はこの写真を「死んでも良いから頑張れ」というメッセージとともにスーゾにSNSを送った。

ミランのファンではないけれど、ユベントスが嫌いだからがんばってほしい。

ただそれだけ!


日本のプロスポーツ界における医療システムの未熟さ(3)

野球界もドンドン変わっているんですね。

しかし、医療部の責任者が医者でないことに違和感があるのですが、これが日本のプロスポーツの特異性と理解べきなのでしょうか?
(コーディネーターは、どんな職種でも良いのですが)


広島のリーグ2連覇の影にナイン支えたトレーナー部門の尽力

日本のプロスポーツ界における医療システムの未熟さ(2)

コメントがありましたので、それにお答えするために新規の投稿をさせていただきました。 コメント YKUMさんから 確かに仰るとおり専属Drを持つのが一番ですが、今の日本でJクラブ(プロ野球団)の専属医師になろうという医師がどれだけ居るのか疑問です。更にスポーツを理解しかつ腕の良い医師となると極めて困難なミッションと言えるのではないでしょうか?
 コメントありがとうございました。  私はTKUMさんのような視点でみていません。  専属ドクターになろうという医師がいるとかいないとかではありません。プロスポーツには、オーガナイズする医療責任者が、経理部長、営業部長のように必要なんです。
J1クラブに昇格するために 「Jリーグクラブライセンス」に準じなければなりませんが、プロスポーツを組織する上で必要な事なんです。
以前は、社会背景からそうではなかったのでしょうが、日本代表の選手の多くが海外で活動するくらいのレベルになっているのに ドクターのポジションは全く変わっていない。
 だからこのような奇妙な事が起こるのです。
 今、チームに付いているドクターは、自分の病院での仕事、家庭等を犠牲にして奉仕の精神でやってくれているドクターが大半です。最近では、医師の勤務時間が問われる時代の中に昔から変わっていないの労働環境では、考えてしまうでしょう。
職業と認知されていない仕事には、誰も興味は沸きません。
また、チームドクターが、スポーツ整形のバリバリのドクターである必要性は全くありません。どちらかというとクラブ内をオーガナイズできるドクターであり、整形外科である必要もありません。(ただ仕事の70%は整形的な事なのですが) 自分で手術をしないというようなドクターの方がむしろ必要で重要です。
つまり、腕の良いドクターは、その専門性に任せ、病院で活躍すれば良いのです。チーム専属になる必要はありませんし、そんなことはできません。 。 協会、Jリーグ、医事委員会は、そのようなドクターとしてのポジションをクラブ内に作ることが必要です。  クラブの名簿に載せるためのチームドクターでは、プロスポーツ組織とは言えません。  無いものをつくることは、大変ですが、もうそのような時期に日本のプロスポーツ会も来ていると思います。










日本のプロスポーツ界における医療システムの未熟さ(1)

「はり治療が原因か=右肩痛の沢村、巨人が謝罪-プロ野球」(時事通信)
「巨人沢村、球団トレーナー施術ミスで神経まひ可能性」(日刊スポーツ)
我々のようなメディカルトレーナーと称する職業人にとっては大変興味のあるそして他人事ではない事が起こった。
私は、鍼、灸、マッサージ師、柔整師、AT(日体協)の資格を数十年前に取得し、30年以上もの間、自称「メディカルトレーナー」として仕事をしている。 1999年にイタリアのミラノに縁あってそれから2017年まで ACミランで働き、この8月から選手と個人契約し、パーソナルトレーナーとしてミラノに在住している。そして千葉市の鍋島整形外科に在籍し、ミラノと千葉を往復し、私の経験を伝承しようと活動している。
 ところで、今回の件で、多くの専門家の意見が、FBやBLOGで記さている。  経験にしか頼っていない私が書くようなことは何もない。  しかし、海外のクラブに所属していると別の観点からこの件を見ることができる。
それは、プロクラブチームの医療システムである。
 ACミランをはじめ、世界のそこそこのクラブには、メディカルグループがあり、その責任者がきちんと存在する。  メディカルにおける責任者がその責任においてすべてに対応する。一般の方からすれば、こんなことは当たり前と思うかもしれないが、J1のクラブでも未だにチームドクターは存在するものの医師としてその責任は取らせるが、報酬、発言力、地位は、お客さんとしか置かれていないのが現状である。今回は、それが表れた1例のように思われる。
 各クラブが医療責任者にはなれないトレーナーを事実上の責任者に置き、お客さんとして医師を置くのである。
どうして専従の医師を置けないのだろうか? 決してお金がないからではない。クラブ関係者に意識が足りないからである。それは、クラブの社長、GMに問題があり、そんな環境で選手にプレーさせる代理人に問題があるように思う。 医療は神聖であると勘違いしているのだろうか。Jリーグ発足から全く進歩していない。野球界もたぶんそうなのだろう。もしかしたら最近、強くなっている球団は、アメリカ帰りの治療家が働いているのでシステムが確立されているのかもしれない。
以前、ミランで働いているときにこんなことがあった。
若い選手の代理人から医療の責任者であるドクターに電話があった。「この選手…

パーソナルトレーナー

8月2日からミラノでの生活が始まったが、パーソナルトレーナーとして スペイン人選手と仕事をしている。

1ヶ月が経過し、先日の国際Aマッチのリーグ中断では、私の契約選手が、スペイン代表に選出されたし、グロインペインも出ていないので仕事としては、まずまずである。

また、他の選手もちょくちょく診ているので忙しくはないものの暇でしょうがないという訳でもなく生活している。
なんせ選手は、週に2試合なので、試合前日、当日は、治療ができないので、私には時間的な余裕はある。

健康のために近くの公園で散歩を試みているが、膝が悪いので腰痛が出てしまう。まさにバランスが取れていないからだろう。
昨日は、あまりにも痛いので ボルタレンを服用した。
治療家なのだから色々工夫して、できるだけ散歩を続けていきたい。

1ヶ月前は、死ぬほど暑かったミラノだが、昨日などは、半袖では散歩できないほどに涼しくなっている。


ミラノは暑い!

8月2日からミラノに来ています。

東京も暑かったけれどミラノはもっと暑い! 日本ほど湿気が少ない分だけ木陰は涼しいが、日なたはたまらない! 私が最初に来た(1999年)時には、多くの家では、冷房機器がついていなくても問題なかった。しかし、今はもう冷房機器がなければ たまらない。

パーソナルトレーナーとして2ヶ月間 こちらで働くことにし、昨日で選手を3回ほど治療したが、やっぱり触ればそれなりに良い感じになるので選手も満足しているようでひと安心といったところ。

昨日は、ミランのドクター(唯一の契約更新した)に誘われて一緒に昼食をしてきた。
新しいスタッフ、新しい選手が多いのでとても大変なようだったが、相変わらず、腹は出ていたし、体重も減っていないようだったので、それなりにやっている感じだった。

新しいスタッフは、それぞれが それなりの縁故関係(良い意味でも悪い意味でも)で入って来ているので、これから数年かけて能力のあるトレーナーが残り、ない者は去って行くことになるのだろう。

もうその淘汰は始まっており、昨年までの働いていた同僚は、シーズン開始の1週間前に契約更新されない予定が急遽 更新されたと言っていた。
彼がいないと物品の管理、注文、そして遠征の準備ができないので、慌ててそうなったらしい。
また、podologo(足の爪、マメを治療する者で 2週間に1回来る)もあまりにもサッカー選手の事が分かっていないため、今までの者に戻したようだった。

まあ、チームで活動したことがなければ、テーピングもスムースに巻けないから 選手はイライラするのは目に見えている。

私は、契約した選手がGROIN PAINの持ち主なので、ドクターと連絡を密にしていくこと、そして 改善させていくための方針を共有した。

初めて busto arsizioという街でレストランに入ったが、バカンスの真最中なので 多くのレストランが休業だった。しかし、ここのPIZZAは生地がおいしくて 安かった!

Ristorante Pizzeria Loroverde


パーソナル

日本は暑いですね。この湿気でげっそりします。

鍋島整形の増築から1年が経ち、スポーツ整形の復活を試みています。

ミランは、新加入の選手が多いようで、全く別のチームができつつあるようですね。

そんな中、私が昨シーズン担当していた選手からミラノで個人的にケアーをしてくれないかという問い合わせが届きました。

彼1人では割が合わないので、他の選手にも対応してよいのであればという条件で、8月、9月をミラノで過ごすことにしました。

始めてパーソナルトレーナーとしてやります。








求人のお知らせ

29日にミラノに来てから、荷物の整理をしている。

しかし、滞在許可書の書き換え(パスポート更新のため)そして、今日は、運転免許証の書き換え等、今から帰国するのに滞在の為の手続きをしている自分がおかしく思う。
それに加えて、遠ざかっていたプライベートの患者さんからも連絡があり、明日、治療することになったりしている。
また、ミランの選手からも連絡があり、2人ほど治療に呼ばれたりした。5日から合宿にはいるそうだ。

そこで、今シーズンは選手と個人的(数人)に契約してパーソナルトレーナーとして、こちらに滞在できるか試みることにした。
ある選手はOKだが、ある選手はまだ移籍、レンタルの可能性があるため、答えが出せないというのだ。
また、ミランの新しいトレーナーの能力を試す意味でも、選手からしてみれば様子を見るのは当たり前だろう。

私も9日には、帰国して他の事も進めて行こうと考えている。

今晩は、ミランの昔の選手だったDIDAと数人の仲間と夕食を共にすることになった。彼は、まだ現役なのかも知らない。


ところで、前回のブログで、鍋島整形外科では、求人を行っています。

理学療法士、柔道整復師またはマッサージ師、放射線技師等です。
条件としては、若くてやる気のある方、また、スポーツに関心がある方です。

興味がある方は、メールでお問い合わせください。
(履歴書を添えてくださればありがたいと思いますが、ただの質問でも構いません)

Email
aks.medical1984$gmail.com($を@に置き換えて)
担当 矢後です。

よろしくお願いいたします。












契約満了

今日から7月です。

ミランとの契約更新ができず。

ミランのオーナーが、昨シーズン途中で代わり、フロント幹部が昨シーズンから徐々に代わっていたが、現場は、今シーズンからガラッと変わった。

メディカルグループもその例にもれず、責任者のドクターが数週間前に契約更新されないと発表された。最終的に現場のドクター1人、試合でのベンチに入るトレーナー1人が契約更新されることになり、あとの8名は、更新されなかった。

私は、2年前に一度自ら契約更新をしなかった経緯があり、それから8ヶ月後にクラブから「お前が必要だから戻って来い」という事で、単身で戻ったが、結局、1年3か月の契約で、終了となった。

昨日、昨シーズン面倒みていた選手に連絡してみたが、1名は、レンタル選手なので来シーズンの事はまだ分からないようだったが、医療グループの大幅な交代については知っていた。
もう1人は、私が契約更新できない事を知らなかったので不満そうだったが、これはしょうがないことだ。
もし、彼が私を必要するのであれば、クラブを動かすか、個人的に私と契約すればいい事で、それだけの必要性を彼が私に感じていれば動けば良いだけである。

がっかりしたのは、いつになっても契約の更新の有無をクラブ側から通告されず、我々は、職探しもする事ができず、結果がこれだから同僚達から不満がでているが、契約社会なのだからクラブ側からしたら問題ないという理屈だろう。
しかし、契約しないと決まった時点で通達してくれるくらいの優しさはあっても良いと思うのだが、まあ、これが現実なのだ。

ところで、昨年5月からリニューアルした鍋島整形外科(千葉市中央区)に経営の面から参加して1年が経っているが、少しづつ軌道に乗ってきている。

これから、PT、柔道整復師、マッサージ師、放射線技師等の求人をしていくので、詳しくは、後日、私のブログでも、鍋島整形のホームページでもお知らせします。


数か月以内にこれから何をしていくのかを決めていかなければならない。
現場にも未練があるし、クリニックももっと発展させていきたい。
先ずは、中国サッカーに関係している友人に私が入るすき間があるかどうか聞いてみることにした。













あっという間にあと2試合、18年。

ゴールキーパーコーチの研修会は、企画倒れになってしまいました。

あと 2週間で今シーズンも終了します。
来シーズンの契約更新の話は、まだ ありません。いつになるのか分かりません。
毎年の事なので今更どうすることもできず、クラブからの連絡を待つしかありませんが、これが、18年続くと、慣れるというか、特別な不安はなくなってしまうから恐ろしいですね。きっと契約更新ができなければ、お尻に火が付き、色々考え、実践するのだろうと勝手に自分に期待しています。

先日、選手の治療をしていて、選手の腕のタトゥーに1967.6.26 という日付がありました。これは、お母さんの誕生日でした。

選手は、23歳、私の子供と同年代、お母さんは、私より年下。
私は、いつも選手は私にとって商品ですし、ある意味、対等であり、尊重していますが、よくよく考えてみると、私は、自分の子供と仕事をしているんだなという事ですね。そして、彼らの両親も私よりも年下なのだと思うと、もう立派な爺という事なんですね。

選手ともう少し違った対応をした方が良いのかという思いもしてきます。
私が世間を知っている訳ではないけれど、もっと人間として大人になっていく選手に接するようにしていかなくてはならないようにも感じます。

18年もミランに在籍していると、自分が知らぬ間に現場で最年長になっていました。
もうそんな歳なんですね。道理で仕事に気合が入らなくなるわけです。でも仕事での迷いはかなり少なくなりました。

これって つまり「歳取った」という事なんですね。